引き寄せの法則無料メルマガ

ブッダのヒント:実力を超えて運を作るブッダの方法2

前回、本当のあるべき姿を見失わず、そのことが上手くいった時、
自分がどれだけ楽しんで喜んでいるか先取りして感じなさいという
ブッダの最初のステップについて話をしました。

▼ブッダのヒント:実力を超えて運を作るブッダの方法

今回は続きのお話です・・・

その人を助けるのでもなく、会社が伸びることでもなく、
仕事が始まるのでもなく、ビジネスが出てくるのでもなく、

オペレーターのあなたが
どんな気持ちになるかを感じることから始まります。

そして、そういうことがもし本当に起きたら
それはいいことだし、素敵だし、喜ばしいことだろなと、
ちょっと嬉しくなり始めたら、すでにラインはつながった。

釣りに例えると、魚がゴール。
でもこの時まだ、あなたの釣竿の先の浮きがピクピクしてるだけ。
ゴールの魚はあなたの竿の先を突っついている状態です。

その魚にあなたの釣竿の先のエサをガブッと
かじらせなければいけない。そしてかじらせるにはもう少し工夫が必要。

それが現実になったとして、上手くいったと思えて喜べたら、
喜んだあとそれを置いておいて、自分の今の現状を見ます。

すると先ほど喜んだのと現実は全く違う。
悲惨で苦しい状況で、とてもそんなことは望めずアップアップしています。
これで今の場所がわかりました。

これで釣竿が垂れている私の足場と、
この糸を今パクッと食いつこうとしている魚のポジションが決まりました。

この2点ができたら、そのゴールの未来に向かって、
どんなことでも運を引き寄せる道具にしていけるようになります。

つまり、今とゴールという2点が決まると直線が発生します。

今困っているあなたがいて、
そうなってよかったと思っているあなたがいればその直線はできたのです。

この2点を確認すれば、2点を結ぶ直線は必ず存在します。

そしてその時点から始まる全ての行為が、
全てそのゴールにつながっていると思えばいいのです。

だから、ゾウのごとく、堂々と歩みなさい。

ブッダは、サイのように堂々と歩め、
汝が歩む全てのステップは栄光につながっていると言っています。

現状を認識し、ゴールを認識したらラインはつながります。
だから、あとはただ毎日の努力を一歩一歩、
「今日私はそのゴールに向かって努力をしていたか」だけチェックします。

毎日そのことを1日が終わる時に問いかけます。
「私は、今日正しい道を歩んでいたか」とそう問いかけます。

そして、評価をやめ距離を測らず、間違っているかどうかは気にせず、
正しい方向と思えるところに、一歩一歩淡々と歩んでいけばいいのです。

それがブッダが教えてくれた極意です。

次 → ブッダのヒント:実力を超えて運を作るブッダの方法