引き寄せの法則無料メルマガ

ブッダのヒント:実力を超えて運を作るブッダの方法

以前、普通の人はゴールを目指していてもそれは実力の範囲内であり、
運を超えるノウハウはないというブッダの話をしました。

▼ブッダのヒント:普通の人は運を越えるノウハウを持っていない?

今回は続きのお話です・・・

本当の訓練は2つのことから成り立ちます。

1)今自分がいるところから1歩1歩着実に踏み込んでいくこと。

2)その着実に踏み込んでいくゴールを将来のあるべき姿と結びつけること。

将来のあるべき姿とは、今の自分とは関係ありません。

例えば、今あなたのご主人が仕事をしていないとか、
奥さんが浮気しているとかで悩んでいるとしましょう。

そしてその時、あなたの願いが、
今後ご主人が立ち直って元のように仕事をしていくことや、
今後奥さんが浮気をやめて、家庭で優しく振舞うなどあるでしょう。

すると、あなたのやることとは、
「主人がいい人になって仕事をしっかりするように」とか、
「奥さんがいい人になって、浮気相手と別れてるように」とか考える。

しかし、これは私たちの方法として間違っています。
ではどうしたらいいでしょうか?

あなたのご主人がしっかり働いたり、
あなたの奥さんが浮気をやめて家庭で優しく振舞ったりした時、

あなた自身はどんな振舞い方をして、
どんな感情を持って、どんな喜びを表現をしているのか。

それは、ご主人や奥さんと関係なく、
あなたがいるべきポジションを見失わないことです。

見失っているからやるべきことがわかっていません。
見失わず、あなた自身にフォーカスすることが大事なのです。

例えば、1億円の会社に育てなければいけない社長さんは、
稼ぐ方法と実業レベルのビジネスを、
全く知らない人でもできると普段から私は言っています。

そして、1億円規模のビジネスが、
この会社でリアルに発生するということは、

その器でなかった社長の私が、どれだけ大きく
喜んでいるかということを見失わなければよかっただけなのです。

それは、全て個人の運だけで動くから。

例えば、ヒーラーのあなたの患者さんがガンで苦しんでいて、
その患者さんが治ることをとても思えない時、

その患者さんが治った時に、
私はどれだけ喜んでいるかということを思ってあげれたら、
代弁が可能になります。

そしてこの原理でヘルプができるのです。

この人を直接助けてあげたいのは「愛」。
この人が治って欲しいのも「愛」。

でも、治る現実にアプローチするのは、
「愛」だけではありません。色々な方法があります。

あなたがその出来事を見た時、
あなたがその出来事の中に入った時、

どれだけ喜び楽しみ嬉しがっているかを
想像できない限り、この不幸は動きません。

リアルを作っているのが最大の理由です。

プランニングを思えないでもなく、
できる自信がないでもなく、

本当にあるべき姿を見失っているというのが、
ブッダのアイデアです。

救いはあなたの中にあります。

会社でもなく、未来でもなく、
今この自分がその出来事の中につながった時に、

どういう気持ちで喜んでいるかフィールすることで、
はじめて動き始めます。

すると、なんの根拠もないのに、
「10億稼げるんじゃない?」と思える人だけが、
実力が無いのに、その運を持ってきます。

才能も実力も経験も頭のよさも成功には関係ありません。
むしろ、アホ?と思える人のほうができたりします。

リアルだったらとても信じられず想定もせず、
稼げるわけもないということがいっぱい思いつくでしょう。

できない理由を挙げるほうが簡単です。
でもここを飛び越えなければいけません。

そのために、まずは常識を捨て、
現実の評価と判断を捨て、

最初からそのことを上手くいったとし、
上手くいった時に、自分がどれだけ楽しんで喜んでいるかを
先取りしてフィールしているかが先なのです。

つまり、先取りして感じなさいというのが最初のステップです。

次 → ブッダのヒント:普通の人は運を越えるノウハウを持っていない?