引き寄せの法則無料メルマガ

関西人は引き寄せ上手?今日からできるゲーム

前回、引き寄せの基本的訓練であり、
オーラの見方、テレパシーの作り方を紹介した。

▼運の良い人間になる基本訓練

この時に気をつけなければいけないのは
必ず「幸せかな?」と見ること。

「この人はどこが不幸かな」と思ったら、
あなたはますます不幸と貧乏になっていく。

なぜなら引き寄せの法則だから。

自分が不幸にフォーカスを合わせていると
不幸が見えてくる。見えてくるということは
不幸と友達になりつつあり、一体感が強まっている。

離れられないほど近くなりどうかしていくともはや不幸の海。
あなたが注目してることを引き寄せている。

世間話で「ねぇねぇ、あの人離婚したらしいわよ」
「本当?」などと下世話な不幸話ばかりしていると
不幸が貯まってきますよ。

関西人の「儲かりまっか?」「そうでんな」は
実に正しいです。「私なんか」と否定しません。

きちんとポジティブ側に興味をあわせること。

夢、希望、成功、元気、うまくいくこと、
楽しいこと、豊かなこと、幸せなもの、

こういう色々な良いものにいちいち意識を向ける。
望遠鏡をそこに向け、キープし維持し保存する。

世の中には不幸が多いです。
だから意識的にそれをしていかないと、
あなたの心の栄養が少なくなります。

幸せ探しは今日からできるゲームです。

他人の顔を見たり、動きを見たり、雰囲気を見る時に、
どうしても批判的や批評的になります。

その時、あなたの望遠鏡が常に嫌なものに向いています。
それは間違っています。

きれいなもの、美しいものに向けてあげて。
どこに幸せがあるのかな?この人は幸せかな?と。

—-

イエス・キリストが十二人の弟子と共にローマに入った。
市街地の大理石の床に、犬の死体があった。

「イエス様、汚らしい犬の死体があるので。
 今片付けます。」

すると、イエスは「お!」と死体に駆け寄る。
そしてこう言った。

「見てごらん?なんて美しい犬歯をしているのだろう」

弟子が見たのは、ウジの湧いた死体。
その死体を放置したローマ行政への反発。

しかし、イエスが見ていたのは美しい犬歯。

ーーーー

環境の中から何を見つけるのか?
望遠鏡をプラスに引き寄せることによってしか
イベントは改善しません。

今あなたが見ているものが不幸と絶望だった時、
する行為は全て不幸しか生まれません。

あなたが見ているものを変える・・・
引き寄せによってあなたの周りに集まっていきます。

あなたの周りに外のプラスが
汚れた海の中に集まってくる。するといつの間にか
水槽が入れ替わり、あなたの中のマイナスが消えます。

やるべきことは、Seeing。
The art of Seeing。これが魔術の原理です。

次 → 運の良い人間になる基礎訓練