引き寄せの法則無料メルマガ

瞑想(めいそう)

瞑想とは、何か1つに心を集中させること。

単に心身の静寂を取り戻すために行うような日常的なものから、
究極の智慧を得るようなものまである。

大きくわけて2つの手法がある。

1.1つの対象を定めた上で、その対象に集中を高めていく手法
2.対象を定めずに心に去来する現象を一心に観察する手法

「1」の対象を定める手法では、
ビジュアルとしては、神のような絶対的な存在のイメージや特定のシンボルなど、
言葉としては、マントラを唱えながら行うときなどがある。

どのような手法を使う場合であっても、
現実世界に対する心の持ち様を変化させていくことを目的としていて、
集中力が養われていけばいくほど、心の変容が大きくなっていくとされている。

具体的な効用としては、集中力の向上、心身の安定、気分の改善、能力開発などだけでなく、
瞑想以外では到達できないとされる深い自己洞察、悟り、解脱などがあり、
あらゆる宗教で修行の1つとして取り入れられている。