引き寄せの法則無料メルマガ

黄金比(おうごんひ)

黄金比とは、古代ギリシアで発見以来、人間の最も安定し、
美しい比率とされた比率のこと。
美術的要素の一つとされる。

線分を一点で分ける時に、長い部分と短い部分との比が、
全体と長い部分との比に等しいような比率であり、
1対1,618という。

この黄金比は、植物の花弁や貝殻のらせん構造など、
自然界であらゆる所にみられる。

名刺や新書版などの縦横比もほぼ黄金比をなす。